コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ギ

7件 の用語解説(魏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎ【魏】

古代中国の国名。
戦国七雄の一。の六卿の一として勢力を拡大、氏・氏とともに晋を滅ぼし、その領土を3分。前403年、文侯のときの諸侯に列せられ、現在の山西省南部から河南省北部を領有。都は安邑、のち大梁(開封)。前225年、秦(しん)に滅ぼされた。
三国の一。曹操(そうそう)が華北を統一し、その子の曹丕(そうひ)が220年に建国。首都は洛陽(らくよう)蜀(しょく)呉(ご)とともに天下を3分したが、265年、元帝はの武帝に禅譲。曹魏。
南北朝時代北朝最初の王朝。386年、鮮卑(せんぴ)族の拓跋珪(たくばつけい)(道武帝)が建国。第3代の太武帝の時、華北を統一。都は初め平城(山西省大同)、のち493年洛陽に遷都。534年に東西に分裂。東魏は550年、西魏は556年に滅亡。北魏。後魏。拓跋魏。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

魏【ぎ】

(1)中国,戦国七雄の一つ。を三分して,前453年自立。前403年には周王により諸侯に列せられた。山西の大部分を領有,初め安邑(現,山西省夏県)に都したが,のち大梁(現,河南省開封市)に移る。
→関連項目烏桓魏晋南北朝時代高句麗五胡十六国三国時代(中国)司馬懿柔然春秋戦国時代戦国の七雄臺與屯田府兵制李【かい】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

中国の王朝の1つで、220年から265年まで続きました。三国時代の国の1つです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎ【魏 Wèi】

中国,戦国七雄の一つ。前403‐前225年。始祖の畢万(ひつばん)は晋の大夫で,魏(山西省芮城県)を領地とし,魏氏と称した。勢力を蓄え,春秋末には韓・趙・知氏とともに晋の国政を握った。前453年韓・趙と知氏を滅ぼして晋を三分,前403年周王より独立を認められ,安邑(山西省夏県)に都を置いた。文侯は政治を改革し,戦国初期第一の強国となり,境域を拡大した。文侯死後,秦の攻撃を受け,都を大梁(河南省開封市)に遷し,国を梁とも称した。

ぎ【魏 Wèi】

中国の三国時代にの2国と対峙して華北を支配した国(220‐265)。曹氏を皇帝とするので曹魏ともいう。後漢末の動乱期に,曹操が対立する群雄を倒して華北を平定し,213年(建安18),献帝から鄴(ぎよう)(河北省臨漳県)を中心とする魏国公に封ぜられたのが始まりで,3年後に魏王に進められたが,220年のはじめに死ぬ。後をついだ子の曹丕(そうひ)がその年の10月,献帝の禅譲を受けて帝位に昇り,ここに後漢は滅んで,同じく洛陽を首都とする魏国が正式に成立した。

ぎ【魏 Wèi】

中国,南北朝時代の北朝の一つで,鮮卑族拓跋部が4世紀末から約1世紀半華北に建設した国家。北魏,後魏,拓跋魏などともいう。拓跋部の故地は興安嶺北部と見られ,西遷して盛楽(内モンゴルのホリンゴール)を根拠に諸部族の盟主となり,部族連合によってなる代王国を建設,魏・晋両王朝とも交渉をもった。西の滅亡過程には山西方面から南進を試み,397年代王拓跋珪は後燕の首都中山を攻略して河北一帯を領有,その翌年平城(山西省大同)を首都として魏帝国を建てた(道武帝)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎ【魏】

中国の国名。
戦国時代の七雄の一。晋の有力世族魏氏が韓・趙両氏とともに晋の領地を三分し、今の山西省南西部から河南省北部を領有、文侯が周王より諸侯に封じられて成立(前403~前225)。李悝りかいらを重用し富国強兵に努めたが、秦に滅ぼされた。
三国の一。後漢末の群雄割拠に華北を統一し実権を握って魏王となった曹操そうそうの死後、その子曹丕そうひ(文帝)が、後漢の献帝に譲位を迫って王朝を建てた(220~265)。都は洛陽。国力は三国のうち最強で、蜀・呉を圧したが、五代元帝の時、臣下の司馬氏に代わられた。 →
北朝の一。鮮卑族の拓跋珪たくばつけいが華北に建国(386~534)。都は平城、のち洛陽に遷うつる。積極的な中国同化政策を進めたが、その矛盾から反乱が起こり、534年、東魏(534~550)と西魏(535~557)に分裂した。北魏。後魏。元魏。拓跋魏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【春秋戦国時代】より

…前半の大半の期間のことが魯国の年代記《春秋》に,後半のことが《戦国策》とよぶ書物に書かれているからである。前453年で二分するのは,春秋の大国晋の家臣であった韓・魏・趙の3代が主家を三分独立し,晋は事実上滅亡し,以後戦国の七雄といわれる韓・魏・趙・楚・斉・燕・秦の対立抗争の時代となるからである。
[歴史]
 《史記》によれば,春秋初めには140余の小国が分立していたが,勢力のあったのは,魯(山東省曲阜),斉(山東省臨淄(りんし)),曹(山東省定陶),衛(河南省淇県,のち滑県),鄭(河南省新鄭),宋(河南省商丘),陳(河南省淮陽(わいよう)),蔡(河南省上蔡,のち新蔡,さらに安徽省鳳台),晋(山西省曲沃),秦(陝西省鳳翔,のち咸陽),楚(湖北省江陵,のち河南省淮陽,安徽省寿県),燕(北京市)の十二諸侯であり,洛陽には周王室があった。…

【魏晋南北朝時代】より

…しかしやがて州牧の地位は軍閥勢力に奪われる。このような経過によって,の三国政権が生まれた(三国時代)。 曹操の子曹丕(そうひ)が漢帝の禅譲を受けて魏王朝を建てると(文帝),呉・蜀もそれぞれ帝国を称し,ここに漢帝国は完全に崩壊した。…

【三国時代】より

…3世紀の中国で(漢)の3国が鼎立していた時代をいう。統一帝国として400年の命脈を保った漢王朝の瓦解によって生まれた政局で,魏晋南北朝の分裂時代がここに始まる。…

※「魏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

魏の関連キーワード戸部七雄戦国の七雄南燕冢宰天官六卿司徒戦国七雄

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魏の関連情報