九箇国条約(読み)キュウカコクジョウヤク

大辞林 第三版の解説

きゅうかこくじょうやく【九箇国条約】

1922年(大正11)、ワシントンで調印された中国に関する条約。アメリカ・イギリス・日本・フランス・イタリア・オランダ・ベルギー・ポルトガル・中国が参加。中国の主権尊重・門戸開放・機会均等などを規定し、中国での一国の利益独占の防止を図ったもの。くこくじょうやく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅうかこく‐じょうやく キウカコクデウヤク【九箇国条約】

一九二二年二月、ワシントン会議において、日、英、米、仏、イタリア、ベルギー、ポルトガル、オランダ、中国の九か国が締結した条約。米国の提唱で、中国の主権尊重、門戸開放、機会均等、領土保全の原則を定め、中国における一国の利益独占を防ごうとしたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android