コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱闘国会 らんとうこっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱闘国会
らんとうこっかい

是が非でも議案の成立を図ろうとする与党と,実力でそれを阻止しようとする野党とが激しく対立し,ときとして国会内で両者が乱闘に及ぶような国会。 1950年代から 60年代の与野党対立期にしばしば見られた。しかし,国民の批判の高まりとともに乱闘国会は姿を消し,70年代以降,野党の抵抗手段は審議拒否が主となってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

乱闘国会の関連キーワード堤康次郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱闘国会の関連情報