亀ヶ森-鎮守森古墳(読み)かめがもりちんじゅもりこふん

国指定史跡ガイドの解説

かめがもりちんじゅもりこふん【亀ヶ森-鎮守森古墳】


福島県河沼郡会津坂下(あいづばんげ)町青津にある2基の大型古墳。4世紀に会津盆地中央の低地に築造されている。1976年(昭和51)に国指定史跡となった。亀ヶ森古墳はそのうちの北寄りで西を向いた前方後円墳で、4世紀後半の築造。全長約127m、後円部の径約70m、高さ約8m、前方部幅約60m、高さ約6m。その周囲を馬蹄形に堀が囲んでいた。現在はそれが水田となって残っている。宮城県の雷神山古墳に次ぐ東北地方第2の規模をもつ。南に約100m離れた地点に亀ヶ森古墳と平行する向きに築造されている鎮守森古墳は、前方後方墳で、全長約56m、後方部1辺約30m、高さ約5m、前方部幅約18m、高さ約2.5mである。やはり堀の一部が残っている。JR只見線会津坂下駅から車で約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android