コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前方後方墳 ぜんぽうこうほうふん

3件 の用語解説(前方後方墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前方後方墳
ぜんぽうこうほうふん

墳墓形式の一つ。方形の墳丘に方形の前方部がつけられたもので,前方後円墳の一つの変形ともいえる。古墳時代前期から後期にわたってみられる。古くは地域が限られているように思われていたが,最近全国各地で発見されるようになってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんぽうこうほうふん【前方後方墳】

古墳の一形式。方丘の一側に長方形台状の施設を付加した形をとる。前方後円墳の円丘部を方丘にしたもので,墳形以外の点では両者に共通するところが多く,密接な関係にあったものと思われる。しかし,前方後円墳に比べ,数の上では圧倒的に少なく,現状では200例余りが知られているにすぎず,墳丘規模も相対的に小さく,最大でも全長約180mを測るにすぎない。古墳時代前期のものが多く,その地方の最古の古墳が前方後方墳である場合や,古墳群形成の最初が前方後方墳である場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんぽうこうほうふん【前方後方墳】

方形の墳丘に方形の墳丘が付設された、古墳の一形式。栃木県上待塚古墳など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の前方後方墳の言及

【古墳】より

… 日本の古墳の墳丘は,工法からいえば,土を盛って作った土塚と,石を積みあげた積石塚とがある。形態からいえば,規模の小さい円墳方墳と,大型のものをふくむ前方後円墳前方後方墳とがあり,特定の時期にあらわれたものとして,前期の双方中円墳,中期の帆立貝式古墳,後期の双円墳および上円下方墳などがある。また,外形の種類と関係なく,古墳には周濠のないものと,周濠をめぐらすものとがある。…

※「前方後方墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前方後方墳の関連情報