コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀山の仇討ち カメヤマノアダウチ

デジタル大辞泉の解説

かめやま‐の‐あだうち【亀山の仇討ち】

元禄14年(1701)、伊勢亀山城下で、石井半蔵・源蔵兄弟が父と兄の敵赤堀源五右衛門を28年目に討った事件。世に元禄曽我といわれ、浄瑠璃などに脚色された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かめやまのあだうち【亀山の仇討ち】

1701年、石井半蔵・源蔵兄弟が父と兄の仇、赤堀源五右衛門を伊勢亀山城下で二八年目に討ち取った事件。仇討ち物の好材としてしばしば劇化された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

亀山の仇討ちの関連キーワード仇討ち物