中村勘三郎(読み)ナカムラカンザブロウ

デジタル大辞泉 「中村勘三郎」の意味・読み・例文・類語

なかむら‐かんざぶろう〔‐カンザブラウ〕【中村勘三郎】

歌舞伎俳優。
(初世)[1598~1658]山城の人。屋号、柏屋。寛永元年(1624)江戸中橋に江戸で最初の歌舞伎劇場猿若座創立、のち中村座改称。以後代々俳優と座元を継承。猿若勘三郎
(17世)[1909~1988]東京の生まれ。3世中村歌六の三男。本名波野聖司なみのせいじ。屋号、中村屋。初世中村吉右衛門の弟。義父6世尾上菊五郎の芸風を受け継ぎ、特に世話物に独自の芸境を示した。昭和55年(1980)文化勲章受章
(18世)[1955~2012]東京の生まれ。17世の長男。本名、波野哲明のりあき。屋号、中村屋。5世中村勘九郎かんくろうとして初舞台を踏み、その後も幅広い役柄をこなし人気俳優として活躍。平成17年(2005)18世中村勘三郎を襲名。ニューヨークやベルリンなど海外での公演を成功させたほか、現代演劇やテレビドラマ・映画でも活躍した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「中村勘三郎」の意味・読み・例文・類語

なかむら‐かんざぶろう【中村勘三郎】

  1. 歌舞伎俳優。
  2. [ 一 ] 初世。座元。猿若勘三郎ともいう。江戸で最も古い由緒ある中村(猿若)座の開祖。武士の子で、山城国(京都府)の出身という。はじめ京都で大蔵流狂言を演じていたが、のち歌舞伎に転じて「猿若」芸をはじめ、寛永元年(一六二四)江戸で猿若座をおこした。慶長三~明暦四年(一五九八‐一六五八
  3. [ 二 ] 一七世。東京出身。三世中村歌六の三男。初世中村吉右衛門の弟。養父六世屋上菊五郎の芸風を受け継ぎ、特に世話物に独自の芸境を示した。文化勲章受章。明治四二~平成元年(一九〇九‐八九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「中村勘三郎」の意味・わかりやすい解説

中村勘三郎 (なかむらかんざぶろう)

江戸中村座の座元,歌舞伎俳優。初世から3世までの経歴は,中村家の《家記》と称される書,享保10年(1725)書き上げの《江戸三芝居由緒書》など自己の家を語る粉飾の多い伝承によらざるをえず,検討を要するが,以下一応の通説を記す。(1)初世(1597?-1658・慶長2?-万治1) 中村座の創始者。山城国生れといわれる。初め猿若勘三郎と名のり,1624年(寛永1)江戸中橋に猿若座を創立,これが江戸歌舞伎劇場の起こりという。32年,幕府の御用船安宅(あたけ)丸の入津の際,金の麾(ざい)を頂き船先に立って木遣りの音頭をとった。このとき劇場は禰宜町にあったという。その後51年(慶安4)堺町に移転し,以後,1841年(天保12)まで堺町で興行を続ける。1657年(明暦3)の大火により類焼。5月に京へのぼり禁裏で《猿若》と《新発意太鼓(しんぼちたいこ)》を上演したという。こうした権力者とのかかわりを強調するのが,初世の経歴の特色である。中村家内部の書以外によれば,1651年江戸城に参入して歌舞伎を演じた記録が,初世に関する記述のもっとも早いものである。(2)2世(1647-74・正保4-延宝2) 1657年禁裏で《新発意太鼓》を演じ,中村明石の名をたまわったという。この伝承も示す通り,2世は若衆方を兼ね,特に拍子事が得意であった。寛文(1661-73)・延宝(1673-81)ごろには鶴屋勘三郎とも記されているが,これは彼の紋が舞鶴であることと無関係ではあるまい。中村座の定紋として知られる銀杏の紋は,延宝ごろから使用され始めている。(3)3世(1649-78・慶安2-延宝6) 1674年(延宝2)から5年間,座元を勤めた。(4)4世(1662-1713・寛文2-正徳3) 3世早世後,1678年(延宝6)に勘三郎を襲名,7年間座元を勤めたが,84年(貞享1)中村伝九郎(初世)と改名,役者専門となり,元禄期(1688-1704)を代表する立役となった。(5)5世(1666-1701・寛文6-元禄14) 1684年(貞享1)に勘三郎を襲名し,18年間座元を勤め,元禄歌舞伎の最盛の時代を築きあげた一人である。(6)6世(1688-1757・元禄1-宝暦7) 1701年から50年間座元を勤め,50年(寛延3)8月隠居して2世中村勘九郎と改めた。(7)7世(1717-75・享保2-安永4) 1750年(寛延3)から26年間座元を勤める。(8)8世(1719-77・享保4-安永6) 2世中村伝九郎が1775年勘三郎を相続,座元を3年間勤めた。(9)9世(1765-85・明和2-天明5) 1778年(安永7)から8年間座元を勤める。(10)10世(?-1810(文化7)) 1786年(天明6)に座元となったが,経営不振のため1年で座元を譲った。(11)11世(1766-1829・明和3-文政12) 1787年(天明7)3世中村伝九郎が勘三郎を襲名し,座元を相続,41年間勤めたが,その間不当りと火災により93年(寛政5)から97年まで休座し,都座に櫓を譲った。(12)12世(1800-51・寛政12-嘉永4) 1829年(文政12)5世伝九郎が勘三郎を襲名し,座元をついだが,天保改革により42年(天保13)には堺町より猿若町1丁目へ移転した。その後51年まで座元を勤める。(13)13世(1828-95・文政11-明治28) 1851年(嘉永4)座元を相続したが,幕末から経営不振が続き,75年には3世中村仲蔵に座元を譲った。ここに,江戸歌舞伎中もっとも古い歴史をもち,血縁にのみ名跡を継承させ,座元の地位を保った中村勘三郎の名跡は断絶した。(14)17世(1909-88・明治42-昭和63) 3世中村歌六の三男として生まれ,初世中村吉右衛門と3世中村時蔵を兄としてもつ。前名3世中村米吉,4世中村もしほ。1950年勘三郎を襲名。屋号中村屋。兄吉右衛門と義父6世尾上菊五郎の芸風を受けつぎ,幅広い役柄と技巧的な表現力とをもっていた。(15)18世(1955-2012・昭和30-平成24) 17世勘三郎の長男として生まれ,前名5世中村勘九郎。2005年勘三郎を襲名。なお,14世から16世までの3代は中村勘三郎を名のらなかったが,3世中村仲蔵(14世),5世中村明石(15世),5世明石の子勝子(16世)を代数に数えている。
中村座
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「中村勘三郎」の意味・わかりやすい解説

中村勘三郎
なかむらかんざぶろう

江戸の歌舞伎(かぶき)劇場中村座の座元、歌舞伎俳優。

初世

(1598―1658)京都の出身で、初め能の狂言師だったが、歌舞伎に転じて猿若(さるわか)(初期歌舞伎における道化役)の役を得意にし、猿若勘三郎と名のったと伝える。江戸に下り、1624年(寛永1)2月、中橋南地(なかはしなんち)に櫓(やぐら)をあげ、これを猿若座(のちに中村座となる)と称した(中村座はのちに弥宜(ねぎ)町、堺(さかい)町、猿若町一丁目へ移転した)。これが、江戸における歌舞伎劇場の最初である。いわゆる江戸三座(中村座・市村座・森田座)のなかでもっとも創設が古く、由緒のある劇場とされて続いたため、その始祖である初世勘三郎は英雄視され、数々の伝説を残した。1632年(寛永9)幕府の御用船安宅丸(あたけまる)が江戸港に入った際、金(きん)の麾(ざい)を拝領して、船先に立ち木遣(きやり)の音頭をとって賞されたという伝説はその一つである。

服部幸雄

2世

(1647―1674)初世の子。1657年(明暦3)父とともに上京し、禁裏で『新発意太鼓(しんぼちたいこ)』を演じて、帝(みかど)から「明石(あかし)」の名を賜ったと伝える。若衆(わかしゅ)方で、所作事(しょさごと)を得意にした。

[服部幸雄]

3世~16世

3世以後13世までの各代は、いずれも中村座の座元を勤めた。そのうち、4世(後の初世中村伝九郎(でんくろう))、8世(2世伝九郎)、11世(3世伝九郎)、12世(5世伝九郎)は俳優を兼ねた(「中村伝九郎」の項参照)。幕末からの経営不振と多額の借財に苦しんだ13世勘三郎(1828―1895)が、1875年(明治8)に妹婿の3世中村仲蔵(なかぞう)に座元を譲ったため、江戸歌舞伎最古の由緒を誇った中村座座元中村勘三郎の名義は断絶した。14世(3世中村仲蔵)、15世(5世中村明石)、16世(5世明石の子勝子)は、いずれも中村勘三郎を名のったわけではないが、系譜上、それぞれの代に数えている。

[服部幸雄]

17世

(1909―1988)本名波野聖司(なみのせいじ)。屋号中村屋。3世中村歌六(かろく)の三男。初世中村吉右衛門(きちえもん)、3世中村時蔵の弟。一時「東宝劇団」に入る。1950年(昭和25)1月、4世中村もしほから17世勘三郎を襲名した。6世尾上(おのえ)菊五郎の芸風を慕い、幅広い役柄をこなし、その豊かな表現力には定評があり、とくに江戸風の世話物に他の追随を許さぬ独自の芸境をみせた。1970年日本芸術院会員、1975年重要無形文化財保持者、1980年に文化勲章を受章。

[服部幸雄]

18世

(1955―2012)本名波野哲明(のりあき)。屋号中村屋。17世の長男。2005年(平成17)3月、5世中村勘九郎から18世勘三郎を襲名した。テレビや現代劇などに幅広く活躍したほか、海外公演も精力的に行った。長男は2世中村勘太郎(1981― )、次男は2世中村七之助(しちのすけ)(1983― )である。

[服部幸雄]

『中村勘三郎著『自伝・やっぱり役者』(1976・文芸春秋)』『渡辺保著『中村勘三郎』(1989・講談社)』『関容子著『中村勘三郎楽屋ばなし』(文春文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「中村勘三郎」の意味・わかりやすい解説

中村勘三郎【なかむらかんざぶろう】

歌舞伎俳優。江戸歌舞伎の元祖といわれる初世に始まり,代々中村座の座元を務め,俳優を兼ねた者もある。明治以後中絶したのを17世が復活。初世〔1598-1658〕は別名猿若(さるわか)勘三郎。初め京都で大蔵流の狂言を学び猿若の芸を創始,のち江戸に下り,猿若座(中村座)を創設した。17世〔1909-1988〕は3世中村歌六(かろく)の三男。初世中村吉右衛門の弟。前名4世中村もしほから1950年襲名。芸域の広い俳優として活躍。屋号中村屋。1975年人間国宝。1980年文化勲章。18世〔1955-2012〕は17世の長男。5世中村勘九郎を経て,2005年襲名。17世譲りの芸域の広さに加え,野田秀樹,串田和美など現代の劇作家・演出家と組んで古典の新解釈や新作に取り組み大成を期待されたが,食道癌に倒れ,57歳で没した。長男は6世中村勘九郎,次男は2世中村七之助。
→関連項目中村屋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の中村勘三郎の言及

【興行】より

… 江戸時代に入ると歌舞伎や人形浄瑠璃の興行は,江戸でも上方でも共通に幕府から興行権を与えられたもののみが行うことができるというきびしい仕組であった。江戸を例にすると宮地芝居を別として,歌舞伎では1714年(正徳4)9月以降幕末まで中村座の中村勘三郎,市村座の市村羽左衛門,森田座の森田勘弥の3人の座元に限って,歌舞伎を興行する権利が官許され,興行権の象徴である〈(やぐら)〉をあげることができた。この3座を〈江戸三座〉と呼んでいる。…

【座元(座本)】より

…江戸では,1624年(寛永1)に猿若(中村)勘三郎が幕府に願い出て,中橋での興行を許されたのが座元の始まりで,以後,都伝内,村山又三郎,山村小兵衛(長太夫),河原崎権之助,森田太郎兵衛,玉川新十郎がそれぞれ劇場を立てて座元となった。57年(明暦3)の江戸大火後,中村勘三郎,市村宇(羽)左衛門,森田勘弥,山村長太夫の4人に限り座元として興行することが許されたが,1714年(正徳4)の江島生島事件で山村長太夫が官許を取り消され,山村座は廃絶した。以来,中村座の中村勘三郎,市村座の市村羽左衛門,森田座の森田勘弥の3座の座元に限って幕府は興行権を与え,その世襲を制度として公認した。…

【六合新三郎(六郷新三郎)】より

…姓を〈六郷〉と改め,1770年(明和7)11月の森田座からその名が見える。97年(寛政9)中村座の座元,中村勘三郎家から猿若三左衛門(山左衛門か)の名を贈られ,中村座の頭取となる。(3)3世 2世の門弟と思われる。…

※「中村勘三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android