コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予燃焼室 よねんしょうしつprecombustion chamber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予燃焼室
よねんしょうしつ
precombustion chamber

圧縮点火機関 (ディーゼル) において,主燃焼室に付属する燃焼室。副式室機関の一種である。まず燃料を予燃焼室内に噴射して一部燃焼させ,これを連結穴から主燃焼室へ噴出させて,ここで完全燃焼させる形式である。ピストンが上死点にあるときの全燃焼室容積の 30~40%程度の大きさで,連結穴の面積はピストン面積の 0.1~0.4%程度である。この予燃焼室機関は始動時の着火性がよくないので始動時に予熱プラグなどを必要とするが,燃焼が良好でシリンダ内の最高圧力もあまり上がらず,比較的小型の汎用や自動車用ディーゼル機関などで使用されている例がある。他の副室形式として渦流室があり,広く使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

予燃焼室の関連キーワードいすゞエルフTL151型トラックいすゞベレルPSD10型いすゞBX91型バスPD6(T)型直6ディーゼル自動車KD2,3DA40焼玉機関予燃室

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android