コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二六対 ニロクツイ

デジタル大辞泉の解説

にろく‐つい【二六対】

漢詩の平仄(ひょうそく)上の規則の一。七言近体詩で、同一句の第2字と第6字とは平仄を同じにしなければならないこと。また、同一句の第2字と第4字とは平仄を同じにしてはいけないこととあわせて、二四不同26対ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にろくつい【二六対】

漢詩作詩上のきまり。絶句のような七言近体詩の第二字と第六字との平仄ひようそくが一致すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二六対の関連キーワード平仄式律詩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二六対の関連情報