コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二大星流 にだいせいりゅうtwo star streams

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二大星流
にだいせいりゅう
two star streams

恒星固有運動から太陽運動を除いた特有運動を統計的に調査した J.カプタインの唱えた説。彼は,太陽近くの恒星が天球上の2点にそれぞれ運動の向きをもつ2群に分類できることを発見した (1904) 。これを二大星流説,2点を星流の頂点という。2つの群はほぼ同数の数の星から構成され,2つの頂点はだいたい銀河面内にある。これに対して K.シュワルツシルトは,単に恒星の特有ベクトルが楕円体状に分布しているという速度楕円体説を出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android