禁じ手(読み)キンジテ

デジタル大辞泉「禁じ手」の解説

きんじ‐て【禁じ手】

相撲・囲碁・将棋などで、禁じられている技、または手。用いると反則負けとなる。相撲では、握りこぶしで打つことや頭髪を故意につかむことなど。将棋では、二歩(にふ)打ち歩詰めなど。囲碁では、1回待たずにすぐ劫(こう)取りにいくことなど。禁手
一般に、使ってはならないとされる手段・方法。禁手。「公的資金による株価対策は市場をゆがめる禁じ手とされる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「禁じ手」の解説

禁じ手
きんじて

囲碁,将棋連珠相撲などで禁じられている手ないし (わざ) 。これを用いると反則負けになる。囲碁の同型反復 (→コウ ) ,将棋の二歩,打ち歩詰め,連珠の三三,相撲のこぶし打ち,向うずね蹴り,まげつかみなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

とっさの日本語便利帳「禁じ手」の解説

禁じ手

反則負けにされる以下の行為のこと。げんこつで殴る、(まげ)を故意につかむ、目などの急所を突く、両耳を同時に張る、前みつを引っ張る、をつかむ、胸や腹を蹴る、指を一本だけつかんで折る。他にまわしが解けた時点でも負けとされる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android