コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁じ手 きんじて

4件 の用語解説(禁じ手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禁じ手
きんじて

囲碁,将棋,連珠,相撲などで禁じられている手ないし技 (わざ) 。これを用いると反則負けになる。囲碁の同型反復 (→コウ ) ,将棋の二歩,打ち歩詰め,連珠の三三,相撲のこぶし打ち,向うずね蹴り,まげつかみなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんじ‐て【禁じ手】

相撲・囲碁・将棋などで、禁じられている技、または手。用いると反則負けとなる。相撲では、握りこぶしで打つことや頭髪を故意につかむことなど。将棋では、二歩(にふ)打ち歩詰め。囲碁では、1回待たずにすぐ劫(こう)取りにいくことなど。
一般に、使ってはならないとされる手段・方法。「公的資金による株価対策は市場をゆがめる禁じ手とされる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

禁じ手

反則負けにされる以下の行為のこと。げんこつで殴る、髷(まげ)を故意につかむ、目などの急所を突く、両耳を同時に張る、前みつを引っ張る、喉をつかむ、胸や腹を蹴る、指を一本だけつかんで折る。他にまわしが解けた時点でも負けとされる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんじて【禁じ手】

相撲・囲碁・将棋などで、使うことを禁じられている手。きんて。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

禁じ手の関連キーワード封じ手悪手鬼手高段昇段初段段位手拍子有段填め手

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

禁じ手の関連情報