コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二番手商法

1件 の用語解説(二番手商法の意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

二番手商法

新しい市場に最初に参入するリスクを回避し、同種製品が市場に迎えられたことを確認した後に、消費にドライブがかかった時点を見計らって参入して行くこと。新製品をかかげて市場に参入していく場合には、その製品がヒットすれば大きな利潤をもたらすが、市場に迎えられなかったときにはみじめな結果となる。二番手商法はこうしたリスクを回避し、「名より実をとる」商法の典型のひとつといえよう。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二番手商法の関連キーワードリスクマネージメントリスクマネジメントヘッジャーヘッジ取引リスク回避ヘッジ(Hedge)ファースト・ムーバーズ・アドバンテージ?投機的リスクマーケットリスクモラルリスク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone