コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二程子 にていしEr-Cheng-zi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二程子
にていし
Er-Cheng-zi

中国,北宋の思想家程 顥程頤兄弟のことで,思想傾向が近いこともあって一緒に論じられることが多い。彼らの学は「程学」「周張二程の学」ともいわれ,北宋道学の中心に位置し,宋学の集大成者朱子への道を開いた。その思想は,天地万物と人間を生成調和という原理で一貫させ,統一的にとらえた点に特質がある。程 顥の著作としては『定性書』『識仁書』,程頤のものとしては『四箴』『好学論』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にていし【二程子】

二程の尊称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の二程子の言及

【程頤】より

…洛陽の人。兄の程顥(ていこう)(明道)とともに二程子と呼ばれる。はじめ兄といっしょに周敦頤(しゆうとんい)(濂渓(れんけい))に学び,ついで都開封に遊学して胡瑗(こえん)に師事。…

【程顥】より

…ために程明道の称でも知られる。1歳年下の弟程頤(ていい)(伊川)とともに二程子と並称されるが,その人柄,学風は弟とは対照的で,程頤が〈秋霜烈日〉であるのに対して程顥は〈春風和気〉と評された。この評語は人格と学風の双方にかかわるが,程頤が事物の分析と論理化に鋭いさえをみせたのに対し,程顥は融合的,直覚的であった。…

【二程全書】より

…中国,北宋時代の思想家程顥(ていこう)(明道)・程頤(ていい)(伊川)兄弟,すなわち二程子の全集。朱熹(しゆき)(子)が編纂した《程氏遺書》(二程の語録集),《外書》(語録補遺)に,《明道文集》《伊川文集》《伊川易伝》《経説》《粋言》を合刻して刊行したもの。…

※「二程子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二程子の関連キーワード宇野 哲人程【こう】二程全書程朱学周敦頤朱震亨性理学尊称経学道統仁宗程子程顥楊時張載

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android