コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程顥 ていこう Cheng Hao

5件 の用語解説(程顥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程顥
ていこう
Cheng Hao

[生]明道1(1032)
[没]元豊8(1085)
中国,北宋の思想家。洛陽の人。字は伯淳。明道先生と称された。少年時代,周敦頤 (しゅうとんい) に師事したが,のちに独自の境地を開く。政治的には,当初,王安石の配下にあったが,のちに対立することとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てい‐こう〔‐カウ〕【程顥】

[1032~1085]中国、北宋の思想家。洛陽(河南省)の人。字(あざな)は伯淳。号、明道。弟の程頤(ていい)とともに二程子とよばれる。性理学の基礎を築いた。語録が「二程全書」に収められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ていこう【程顥 Chéng Hào】

1032‐85
中国,北宋時代の哲学者。字は伯淳,号は明道。ために程明道の称でも知られる。1歳年下の弟程頤(ていい)(伊川)とともに二程子と並称されるが,その人柄,学風は弟とは対照的で,程頤が〈秋霜烈日〉であるのに対して程顥は〈春風和気〉と評された。この評語は人格と学風の双方にかかわるが,程頤が事物の分析と論理化に鋭いさえをみせたのに対し,程顥は融合的,直覚的であった。その〈万物一体の仁〉の思想は,まさしくこの〈春風和気〉の具現にほかならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ていこう【程顥】

1032~1085) 中国、北宋の儒学者。号は明道。周敦頤しゆうとんいに学び、宇宙の根本原理である理の説を初めて唱え、宋学の基礎を築いた。弟程頤ていいとともに二程子といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ていこう
(1032―1085)

中国、北宋(ほくそう)の儒学者。字(あざな)は伯淳(はくじゅん)。明道(めいどう)先生とよばれた。弟の程頤(ていい)(伊川(いせん))とともに二程といわれる。洛陽(らくよう)の人。15歳ごろ弟とともに周敦頤(しゅうとんい)(濂渓(れんけい))に従学した。26歳で科挙(かきょ)に合格、王安石(おうあんせき)の新法に反対したため主として地方官を歴任したが、人望が厚く治績をあげた。「周張二程」と並称されるとおり、彼は宋学形成期の重要人物の一人であって、とくに朱熹(しゅき)(朱子)は二程をあわせて顕彰したが、朱熹自ら「明道の言は極地を発明し、通透洒落(しゃらく)。伊川の言は事に即(つ)いて理を明らかにし、質愨(しっかく)精深」と評したように、その学風は異なっていた。彼は「万物は対(たい)有らざる莫(な)し。一陰一陽、一善一悪、陽長ずれば則(すなは)ち陰消え、善増(ま)せば則ち悪減ず」とあらゆる物を相対的にみるとともに、「道は物と対無し」と、相対の世界を超えたところに道をみ、その万物一体の道を、知的分析によらず、日常の生活体験を通じて直接的に自得することを説いた。彼の思想は『易』に基づき、道とは陰陽二気による万物の生々そのものであるとし、道に秩序あることを天理とよび、生々する生命力を仁とよんだ。また、天地が万物を生々する働き(仁の現れ)に合致するのが人の性(本来の人間性)であり、学問の目的は仁を体現して万物一体の境地に至ることであるとし、そのための方法として誠と敬とを説いた。まとまった著作はないが、主文章「定性書」「識仁篇(しきじんへん)」をはじめ、詩文と語録が『二程全書』に収められている。[湯川敬弘]
『市川安司他訳注『程明道・程伊川』(『朱子学大系 第2巻 朱子の先駆 上』所収・1978・明徳出版社) ▽麓保孝著『程』(『中国の思想家 下巻』所収・1963・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の程顥の言及

【性即理】より

…これと鋭く対立するのが陸九淵(象山(しようざん))と王守仁(陽明)の心即理説である。すでに北宋時代,程伊川の兄の程顥(こう)(明道)によって気即理説が提起され,あるがままの人間性が天理とされたが,朱子の論敵陸象山は,心に性・情,天理・人欲といった分析を加えることを拒み,生き生きと活動するその渾然たる全体を理とした。ここに性即理説と心即理説は,中国思想史上における最も著名な論点の一つとして登場するのであるが,朱子,陸象山においてはまだ十分意をつくした論争がなされたとはいえず,この二つのテーゼが鋭い矛盾として露呈してくるのは,明代の陽明学出現以後のことである。…

※「程顥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

程顥の関連キーワード池上鎌三周敦頤邵雍張載程頤トマスアクィナスベルクソン川合貞一山元一郎薗田坦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone