二酸塩基(読み)にさんえんき

大辞林 第三版の解説

にさんえんき【二酸塩基】

一分子当たり水素イオンを二個受容できる塩基。水酸化カルシウム Ca(OH)2、水酸化バリウム Ba(OH)2 など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二酸塩基
にさんえんき
diacidic base

2当量の酸を中和できる塩基をこのようによぶ。たとえば水酸化バリウムBa(OH)2やエチレンジアミンNH2CH2CH2NH2は、一塩基酸と反応して次のように中和する。
  Ba(OH)2+2HCl→BaCl2+2H2O
  NH2CH2CH2NH2+2HNO3
   →NH3CH2CH2NH3(NO3)2[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にさん‐えんき【二酸塩基】

〘名〙 電離して一分子から二個の水酸イオンを生じる塩基。水酸化カルシウム、水酸化バリウムなど。二価の塩基。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二酸塩基の言及

【酸・塩基】より

… 一塩基酸 HCl,HBr,HNO3,HOCN,  HClO,HClO4 二塩基酸 H2CO3,H2SO4,H2S2O3,H2  CrO4,H2PtCl6 三塩基酸 H3PO4,H3[Fe(CN)6]塩基については,Hを減少させるものであるから,1分子当りで減少させる数をその塩基の酸度という。 一酸塩基 NH3,KOH,NaOH 二酸塩基 Ca(OH)2,Ba(OH)2 三酸塩基 La(OH)3,[Co(NH3)6](OH)3なお,塩基度2以上の酸を多塩基酸,酸度2以上の塩基を多酸塩基という。
[酸の種類]
 酸には,ハロゲン化水素(HF,HCl,HBr,HI)や硫化水素H2S,シアン化水素HCNなどを水に溶かした水素酸のような二元酸に対し,多元酸では,中心原子に酸化物イオンO2-の配位した陰イオンを成分とするオキソ酸(古くは酸素酸あるいはオキシ酸といった)が古くからよく知られている。…

※「二酸塩基」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android