コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五一三六 グイチサブロク

デジタル大辞泉の解説

ぐいち‐さぶろく【五一三六】

ばくちのさいの目で、2個のさいが五と一、または三と六と出ること。どちらも価値のない数。
どちらも取り柄や値打ちがないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐいちさぶろく【五一三六】

〔五・一と三・六は博打ばくちではいずれも値打ちのない数であるところから〕
似たりよったりで取るに足りないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報