コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五条国永 ごじょう くになが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五条国永 ごじょう-くになが

?-? 平安時代中期の刀工。
五条兼永の子といわれる。天喜(てんぎ)(1053-58)のころ京都五条に居住。五条派の代表的刀工で,作風は兼永より古調がある。代表作に鶴丸の太刀(宮内庁蔵)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

五条国永

生年:生没年不詳
平安中期の刀工。永延(987~89)ごろの三条宗近を祖とする三条派の刀工で,兼永の子と伝え,天喜(1053~58)ごろ京五条に住した。有銘作は太刀が3口,剣が1口と少ない。しかも銘の書風が異なるものが少なくとも三様見られる。代表作は仙台伊達家から明治天皇に献上された,『享保名物帖』にも所載される名物「鶴丸国永」の太刀である。これは細身,小鋒で,反りの高い優美な太刀姿を示し,鍛えは小板目肌が精美で,小乱れに小丁字を交えた刃文を焼き,三条派の作品では最も洗練度が高いと評価される。

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

五条国永の関連キーワード五条兼永山城物生年

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android