コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五泉山公園 ごせんざんこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ごせんざんこうえん【五泉山公園】

中国の甘粛(かんしゅく)省の省都、蘭州(らんしゅう)(ランチョウ)市南の皋蘭山(こうらんさん)山麓にある公園。前漢の武帝(紀元前156~紀元前87年)の時代の武将・霍去病(かくきょへい)が匈奴討伐の途上、この地に赴いた際に水不足に陥り、彼が5本の剣を地面に突き刺して湧き出したといわれる伝説を持つ泉、甘露泉、掬月泉(きくげつせん)、摸子泉(もしせん)、恵泉(めぐみせん)、蒙泉(もうせん)がある。皋蘭山の山頂には、1372年創建の崇慶寺がある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

五泉山公園の関連キーワードランチョウ(蘭州)特別市霍去病紀元前

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android