コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百重 イオエ

デジタル大辞泉の解説

いお‐え〔いほへ〕【百重】

いくえにも重なっていること。
「白雲の―に隠り遠くとも夕(よひ)去らず見む妹があたりは」〈・二〇二六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

五百重の関連キーワード藤原五百重娘新田部親王藤原不比等藤原氷上娘藤原鎌足中臣鎌足藤原麻呂千重波氷上娘隠さふ末葉遠く岬回白雲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五百重の関連情報