コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五目並べ(読み)ゴモクナラベ

大辞林 第三版の解説

ごもくならべ【五目並べ】

二人で交互に碁石を碁盤上に置き、縦・横・斜めのいずれかに先に五つ連ねた方を勝ちとする遊戯。連珠れんじゆ。ごならべ。五目。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五目並べの言及

【連珠(聯珠)】より

…古くは上流婦人の遊戯であり,下って江戸時代には他の芸能とともに大衆化し,幕末津藩の儒者土井聱牙(ごうが)の《格五新譜》などの書物も出た。1899年《万朝報》を主宰する黒岩涙香(連珠では高山互楽と号し,初世名人を追贈された)が当時の〈格五〉〈五目並べ〉〈五石〉〈五連〉などの名称を統一して〈聯珠〉とし高橋清致による図入り〈聯珠必勝法〉を連載した。1906年には東京聯珠社を創設,同時に段制(当時は九段制)を設け,また強弱の手合割り(一種のハンディキャップ)も制定した。…

※「五目並べ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

五目並べの関連情報