黒白(読み)クロシロ

  • こくはく
  • こくばく
  • こくびゃく

デジタル大辞泉の解説

黒と白。
事の是非。よしあし。こくびゃく。「黒白をつける」
画面が色彩ではなく黒と白とで表されるもの。しろくろ
黒い色と白い色。黒いものと白いもの。
善と悪。正と邪。是と非。くろしろ。「黒白をつける」「黒白をわきまえる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① くろと、しろ。
※山家集(12C後)下「菅島や答志の小石分け替へてくろしろ混ぜよ浦の浜風」
② ことのよしあし。是非。邪正。こくびゃく。
③ 画面が黒と白であらわされるもの。写真や映画、テレビ受像機など。しろくろ。
※梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「このこくばくは、如何にしてか知り候らん」
〘名〙 (「びゃく」は「白」の呉音)
① 黒い色と白い色。黒いものと白いもの。
※田氏家集(892頃)中・元慶七年春右相賜文馬有感自題「黒白班文難像、丹青妙画拙真」 〔荘子‐天運〕
② (「黒」は悪、非、暗など、「白」は善、是、明などの意)
(イ) 善と悪。是と非。正と邪。転じて、ものごとの道理。
※十訓抄(1252)一〇「肝心うせて黒白見えわくべき心地も侍らず」
(ロ) 明と暗。生と死。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)五立「黒白(コクビャク)わかつ二人の命」 〔韓非子〕
(ハ) 両極端。
※大乗院寺社雑事記‐応仁二年(1468)一二月三日「両座申状黒白也」
③ (「黒」は玄人で公娼、「白」は素人で私娼) あらゆる遊里の世界。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)六「色里へ通ひつくし〈略〉今黒白(コクビャク)の睟(すい)となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android