連珠(読み)れんじゅ

  • 連珠 lián zhū
  • 連珠/×聯珠

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とも書き,五目並べ,五並べともいう。囲碁の石とを用い,白,黒1石ずつ互いに置きながら,5つの石を早く,横,斜めいずれかに連続して並べ置くことを競うゲーム。奈良時代以前に中国から入ってきた囲が,一般的になったのちに行われるようになったとされる。連珠という言葉は 1899年黒岩涙香が初めて用いたもので,1904年には聯珠社 (現全日本聯珠連盟) が創設された。同連盟の規約によるルールではA,B,Cの3つの方式が設けられている。A式は先手の三三,四四,長連 (1列に6珠以上並べる) を負け,後手の長連は勝ちとし,B式では四四先手勝ち,C式は先手,後手とも三三を禁じるだけでほかの制約はない。連盟では,標準ルールとして縦横 15線の連珠盤を用い,白黒各 50個ずつの石で行うことを決めており,A式では 50個を使い,勝負のつかないときは引分けとする。現在,全日本聯珠連盟のほか,36年に連盟を脱退した日本連珠社 (当時は聯珠協会) の二大組織が併存している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

五目並べ〉ともいう。連珠盤(正式には15道盤)と碁石を用い,2人で遊ぶ室内遊戯。黒が先手で交互に打ち,縦,横,斜めのいずれでも,早く5目並べたものが勝ち。古くから行われていたが,明治期に黒岩涙香(連珠では高山互楽と号)が《万朝報》に紹介したのが契機となって流行した。禁手(〈三三〉〈長連〉など)を設けるなど日本独自のルールが発達し,社団法人日本連珠社が中心になって段位,手合割などを制定する。なお,縦,横,斜めのいずれでも,相手の2目を自分の石ではさめば取り上げ,5目を早く並べるか相手の石を10目取ったものを勝ちとする,朝鮮五目もある。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,漢から六朝(りくちよう)時代に行われた美文体の宮廷文学の一種。諸物にちなむ美辞麗句を,真珠を連ねるように重ね,その間に風刺の意を含ませたもの。多く4句を重ねる形,あるいは四六駢儷(べんれい)の形をとり,短い凝縮した句を多次元的に重ねて,美しく朗誦できるようにくふうする。漢の揚雄に始まるとされ,〈〉の応用形態であるが,完全に残る作例は,《文選》に載せる晋の陸機の〈演連珠〉50首のみ。《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》巻57連珠に,漢からまでの連珠作品の一部分を収録している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一般には「五目並べ」として親しまれ、五丁並べ、五連(ごれん)、五つ石、ともいわれていた。「五目並べ」にルールと対局手合いを確立し整備したのが近代連珠である。

 従来、連珠の最古の史料とされていたのは『漢書(かんじょ)』(紀元前2世紀)に記載されている「吾丘寿王字子贛趙(こうちょう)人也、年少以善格五召待詔」の一節で、ここにいう格五(かくご)が五目並べのことであり、奈良時代に日本に伝わったとされていた。

 また、日本における最古の史料は、「持統(じとう)天皇の三年(689)、双六(すごろく)の禁ぜらるるや此(こ)の技の流行を致(いた)せるなり」(1922、藪上昌美(やぶがみまさみ)発表)といわれていたが、『日本書紀』によると「禁断双六」とあるだけで、「格五の技流行を致せるなり」に該当するところはまったくなく、推察によって記述されたとみられる。

 最近の調査・研究によると、囲碁の余技として生まれ、これが、京都・二条家出入り商人で松原柳馬場に住んだ鬢付(びんつけ)油商、第10代桑名屋武右衛門(ぶえもん)(?―1801)によって確立されたといわれる。桑名家では「五つ石」と称されており、同家では代々打ち継がれ、第13代武右衛門(1831―1900)が著した『五石定蹟集(いつついしじょうせきしゅう)』2刊(1856)が最古の連珠書として現存している。

 なお、安政(あんせい)年間(1854~60)の津藩の漢学者、土井聱牙(ごうが)(1817―80)はこの技に熱中し、1858年(安政5)に『格伍新譜』を著しているが、この序文によると、「漢書に現れる格五は我々のやっている五目並べであろうと思われるので、我々のたしなんでいる五目並べを格五と命名する」と記している。これによって、その後、五目並べ=格五と誤解されていった。

 連珠(当時は聯珠(れんじゅ))と命名されたのは1899年(明治32)で、黒岩涙香(るいこう)(号は高山互楽・第一世名人)が当時の新聞『萬朝報(よろずちょうほう)』に発表したのが始まりで、1906年東京聯珠社が創立された。現在は、社団法人日本連珠社が名人戦(2008年現在、第46期)や各種の棋戦を実施し、月刊『連珠世界』の発行、段位の認定、国際普及その他の活動を行っている。

 連珠のルールは、幾多の変遷を経て、後述のルールに一本化されているが、このようなルールの論議は、すでに幕末のころから始まっていた。現在、世界各国で五目並べが親しまれていることが確認されているが、これは日本人外交官や商社マン、旅行者などが、その時々の慰みに興じたものが、自然に定着したものと考えられる。

 各国の五目並べの呼び名はまちまちで、スウェーデンではルファチャック、フランスではモーピオン、ロシアではクレスチキ・ノーリキ、ハンガリーではアメーバー、中国では五子棋(ウーツーチ)、韓国では五目(オモク)、アメリカではペンテ、そして、デンマークでは日本名のゴモクである。これらの多くが「連珠」の呼び名に移行している。1982年12月スウェーデンで「スウェーデン国際連珠大会」、翌年7月「日ス親善連珠大会」が箱根と京都で催され、交換交流は88年まで続いた。また、1983年4月から、日本、ソ連、スウェーデンの各国3チーム(1チーム4名)による「国別連珠対抗戦」(郵便対局)が実施された。1988年8月に、日本、スウェーデン、ソ連、オランダの4か国で連珠国際連盟(略称RIF、本部スウェーデン)が設立された。現在の加盟国は、日本、スウェーデン、フィンランド、チェコ、中国、韓国、カナダと、旧ソ連を構成していたロシア、エストニア、アルメニア、ウクライナ、ウズベキスタン、アゼルバイジャン、および台湾の14の国と地域で、RIFが発行する『RENJU WORLD』は35か国で愛読されている。

 1989年8月、連珠発祥の地とされる京都で「第1回連珠世界選手権戦」が催され、以後2年ごとに、ソ連(1991年に開催、その直後にソ連が解体)、スウェーデン、エストニア、ロシア、中国などの各地で開催され、2007年はロシアのチュメニで開催された。また1996年から「ユース世界選手権」「チーム世界選手権」、97年から「女流世界選手権」がそれぞれ2年ごとに催されている。また、インターネットによる国際対局が盛んに行われるようになり、国境を越えた対局が日常的に繰り広げられている。

[早川嘉美]

対局ルール・競技方法

連珠のルールは正しくは珠規(しゅき)とよばれ、次のとおりである。

(1)競技盤は、縦、横それぞれ15本の専用の盤を用い、石は黒と白を使用する。

(2)黒を先手とし、盤の中央より交互に打ち、黒、白どちらかが、縦、横、斜めのいずれかに、先に「五連」をつくったほうを勝ちとする。

(3)黒は「五連」になるまでに「三々」「四々」「長連」を打つことを禁じ(禁手)、これを犯したときは負けとする。ただし、白は、黒が禁手を打ったときは黒に宣言しなければならず、これを怠り、次の着手をしたときは、黒の禁手は解消され、競技は続行する。

(4)白にはいっさいの禁手がなく、白の「長連」は白勝ちとする。

(5)白6以降の着手は放棄することができる。

(6)引き分けの成立は次のとおりとする。(a)どちらか一方が引き分けを提案し、相手がこれを受け入れたとき。(b)黒白が連続して着手を放棄したとき。

 競技方法は、段級位や大会ごとに主催者が決定するが、おおむね次の3種から構成されている。

(1)自由打ち 先手も後手も珠規以外になんの制限もなく、競技する方法である。

(2)珠型交替打ち 黒3までの打ち方に26種の基本珠型を定め、このなかから黒(仮先)が選んで3までを並べる。このあと白(仮後)がそのまま白をもつか、黒をとるか選ぶことができる。これで黒・白が確定し、白4から交互に打つ。これは黒の打ち出し方を制限することによって、先・後のバランスを保とうとしている。

(3)五珠二題打ち 主として有段者の先手に使われる打ち方で、黒3までについては珠型交替打ちにより打ち進め、次の白の4は自由。黒5は自己の打ちたいところ2か所を示し、白がどちらか一方を選択して打ち進める。現在の公式対局は、名人戦、世界選手権戦を含め、国内外を問わず、すべて「珠型交替、五珠二題打ち」で行われている。

[早川嘉美]

『早川嘉美著『連珠(五目ならべ)入門』(1977・高橋書店)』『坂田吾朗著『連珠必勝法』(1977・高橋書店)』『坂田吾朗著『連珠の勝ち方入門』(1984・日本文芸社)』『斉藤秀一著『連珠ゲーム 五珠二カ所打ち総論』(1994・自費出版)』『坂田吾朗著『連珠』(1996・毎日コミュニケーションズ)』『西村敏雄著『連珠必勝法 二手で勝つ』(2000・熊本日日新聞情報文化センター)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android