コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五社神古墳

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

五社神古墳

奈良市北部の大古墳群である佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群の西端にあり、全長約270メートルの前方後円墳で、全国11位の規模。年代は4世紀末から5世紀初めとされる。朝鮮半島新羅に遠征した神功皇后を埋葬したと伝えられている。天皇や皇后らを埋葬したとされる「」とそれ以外の皇族の「墓」は、近畿地方を中心に33都府県に740基ある。

(2008-01-18 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

国指定史跡ガイドの解説

ごさしこふん【五社神古墳】


奈良県奈良市山陵町にある古墳。奈良丘陵の南西斜面、佐保川の西岸に所在する佐紀盾列(さきたてなみ)古墳群に属する前方後円墳。宮内庁が神功(じんぐう)皇后陵に治定(じじょう)しており、陵名は狭城盾列池上陵(さきのたたなみのいけのえのみささぎ)。墳丘長約275m、後円部径約195m、高さ約23m、前方部幅約155m、高さ約27m。壺形埴輪(はにわ)・円筒埴輪が確認され、4世紀後半から5世紀初頭にかけての築造と考えられている。2008年(平成20)に陵墓としては初めて考古学協会などに立ち入り調査が認められた。近畿日本鉄道京都線平城駅から徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

五社神古墳の関連キーワード神功皇后陵宮内庁治定

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android