五色塚〈千壺〉古墳(読み)ごしきづか〈せんつぼ〉こふん

国指定史跡ガイドの解説


兵庫県神戸市垂水区五色山にある古墳。指定名称は「五色塚〈千壺〉古墳 小壺古墳(こつぼこふん)」。明石海峡に面した丘陵の南端に立地する。五色塚古墳は別名、千壺古墳と呼ばれる前方後円墳で、西隣にある円墳が小壺古墳である。1921年(大正10)、両者の主要部分が国の史跡に指定され、その後、3度にわたり追加指定を受けた。五色塚古墳は墳丘の長さ194m、後円部の高さ18mの周濠をめぐらす兵庫県下では最大のもので、築造年代は4世紀終わりから5世紀初めにかけてと推定されている。墳丘は3段に築かれ、すべての斜面に葺石(ふきいし)が、墳頂と2段のテラスではヒレ付円筒埴輪(はにわ)、朝顔形埴輪列が検出された。周濠内には複数の方形マウンドが造られ、北東にあるマウンドには2基の円筒埴輪棺が埋められていた。小壺古墳は、直径67m、高さ9mの円墳で、2段に築かれた墳丘には葺石はなく、墳頂とテラスには埴輪列が認められた。両者はどちらが先に造られたかは判明していない。1965年(昭和40)から10年の年月をかけて復元・整備された。JR山陽本線垂水駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android