コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葺石 ふきいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葺石
ふきいし

古墳の墳丘の表面に敷きつめた石をいう。表飾のためと封土の流失を防ぐためのものといわれる。墳丘全面というよりは,斜面の部分などに施されていることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふきいし【葺石】

古墳の墳丘斜面を覆うれき),またはその施設を指す。礫は拳大から人頭大の河原石がよく使われ,付近の河川から運ばれた。墳丘の全面が調査された兵庫県明石市五色塚古墳(前方後円墳。194m)では,礫の総数は約220万個,総重量が約2800tと推定され,一部は淡路島から船で運ばれたと考えられている。最下部に根石と呼ばれる比較的大型の礫を配し,斜面を礫で区画し,その中を下から上へと葺く方法がとられていることがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葺石
ふきいし

古墳の墳丘の表面を葺いている石。墳丘の斜面だけに用い、平坦(へいたん)面には使わない場合が多く、盛土の流失を防ぐ施設と考えられる。記紀にしるす奈良県箸墓(はしはか)の造営説話での大坂山の石をリレー式で運搬したというのは葺石のことであろう。前期と中期古墳に多く、後期古墳では使用例が少ない。なお、葺石で覆った古墳を遠望すると石塚の観を呈しているから、高句麗(こうくり)の石塚(積石塚(つみいしづか))との関連を考慮する必要がある。[森 浩一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の葺石の言及

【前方後円墳】より

…また,くびれ部付近の片側あるいは両側に設けられることのある方形台状の施設を〈造り出し〉という。墳丘は自然地形の削り出しと盛土とで作られ,斜面に葺石が施される場合が多いが,塊石や河原石を積んで築かれる積石塚(つみいしづか)も存在する。大型の例は2段,3段に築かれるのが普通で,前後の墳頂部は平たんに作られ,一部のものには方形壇が設けられている。…

※「葺石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葺石の関連キーワード五色塚〈千壺〉古墳聖塚恵解山古墳群美和山古墳群中山大塚古墳佐紀陵山古墳東大寺山古墳二本松山古墳長光寺山古墳津堂城山古墳ヘボソ塚古墳雨の宮古墳群金蔵山古墳茶臼山古墳向野田古墳紫金山古墳闘鶏山古墳亀甲山古墳銚子塚古墳八幡塚古墳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葺石の関連情報