墳丘(読み)ふんきゅう

デジタル大辞泉「墳丘」の解説

ふん‐きゅう〔‐キウ〕【墳丘】

人を葬るためなどに土を積み上げてつくった丘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の墳丘の言及

【墳墓】より

…また,秦始皇陵,佐保山東陵(さぼやまひがしりよう)(光明皇后陵)というように,天子,皇后の墓を陵(りよう)と呼ぶ。これに対して,王族や貴人の墓は,唐の永泰公主墓,漢の将軍霍去病(かくきよへい)墓,聖徳太子磯長墓(しながのはか)のように,墳丘があっても一般のものと同様,墓と呼ぶ。世界各地の墓制や葬礼の民族学・民俗学・社会学的記述は〈〉の項に譲り,ここでは考古学的に墳墓を概観し,次いで日本を中心に東アジアの墳墓の変遷をたどる。…

※「墳丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android