コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周濠 しゅうごう

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうごう【周濠】

考古学では普通,古墳の周囲に掘られた堀をさす。湛水しているものが多いが,空濠の場合もある。前者では一般に,濠が畦で区切られ,水面が階段状をなすものから,畦がとれ,水面が同じ高さで一周するものへと変遷したと考えられている。形は墳丘に沿って同じ幅の周濠がめぐるもののほかに,前方後円墳では盾形(馬蹄形も含む),前方後方墳では長方形のものが多い。古墳時代中期には,墳丘の巨大化に伴う外部施設の整備の一環として,著しい発達をとげ,大阪府古市・百舌鳥(もず)古墳群などでは,墳丘との統一企画のもとに,二重,三重の盾形周濠が掘削された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周濠の関連キーワード後二子古墳ならびに小古墳久津川車塚茶臼山古墳〈栃木県〉八幡山古墳〈群馬県〉二子山古墳〈愛知県〉五色塚〈千壺〉古墳佐紀石塚山古墳富田茶臼山古墳牧野車塚古墳茅原大墓古墳いたすけ古墳佐紀陵山古墳津堂城山古墳纒向古墳群御所山古墳島の山古墳バラフシャ観音山古墳岩戸山古墳生目古墳群

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周濠の関連情報