井上 幾太郎(読み)イノウエ イクタロウ

20世紀日本人名事典の解説

井上 幾太郎
イノウエ イクタロウ

明治〜昭和期の陸軍大将



生年
明治5年1月10日(1872年)

没年
昭和40(1965)年5月7日

出生地
山口県

学歴〔年〕
陸士(第4期)卒,陸大卒

経歴
参謀本部員となり、日清戦争に従軍、ドイツに私費留学後、第三軍参謀となって日露戦争出征、明治39年参謀本部付となりドイツ駐在、帰国後、参謀本部員(要塞課)、大正4年陸軍省軍事課長、7年交通兵団司令部付、8年航空本部長、第三師団長を経て15年軍事参議官兼航空本部長となった。昭和2年大将に昇進、8年予備役。12〜20年帝国在郷軍人会会長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android