井上登(読み)いのうえ のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上登 いのうえ-のぼる

1885-1971 大正-昭和時代の裁判官,プロ野球コミッショナー。
明治18年4月10日生まれ。司法省調査部長,大審院部長判事などをへて,昭和22年最高裁判所発足と同時に同判事。16年から日本野球連盟の最高顧問をつとめ,戦後,選手争奪の紛争解決につくした。31-37年プロ野球コミッショナー。40年野球殿堂入り。昭和46年7月26日死去。86歳。千葉県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐のぼり〔ゐのうへ‐〕【井上登】

[1885~1971]裁判官・プロ野球コミッショナー。千葉の生まれ。司法省調査部長、大審院部長判事などを歴任し、昭和22年(1947)最高裁判所の判事となる。また、同16年、日本野球連盟の最高顧問に就任。同31年にコミッショナーとなり、プロ野球球団経営の基盤を作った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android