コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉 チバ

4件 の用語解説(千葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちば【千葉】[地名]

関東地方南東部の県。もとの安房(あわ)上総(かずさ)下総(しもうさ)の3国にあたる。人口621.7万(2010)。
千葉県中西部、東京湾に面する市。県庁所在地。中世は千葉氏の城下町として発展、近世は宿場町。現在は住宅地・臨海工業地。加曽利(かそり)貝塚がある。平成4年(1992)政令指定都市。人口96.2万(2010)。
[補説]千葉市の6区
稲毛区中央区花見川区緑区美浜区若葉区

ちば【千葉】[姓氏]

姓氏の一。
古代末から中世にかけての関東の豪族。桓武平氏良文の支流。常胤(つねたね)が源頼朝に従って下総(しもうさ)守護となり、その嫡流は代々千葉介と称した。室町時代に勢力が衰え、のち、後北条氏に従ったが、豊臣秀吉小田原征伐により主家とともに滅亡。
[補説]「千葉」姓の人物
千葉亀雄(ちばかめお)
千葉茂(ちばしげる)
千葉治平(ちばじへい)
千葉周作(ちばしゅうさく)
ちばてつや

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちば【千葉】

関東地方南東部の県。かつての安房あわ・上総かずさ二国と下総しもうさ国の大部分を占める。房総半島の全域を占め、南部に房総丘陵、北部に下総台地、太平洋岸に九十九里平野が広がる。北の県境を利根川が流れる。県庁所在地、千葉市。
千葉県中部、東京湾に面する市。県庁所在地。指定都市。近世は宿場町。商工業・住宅地として発達。

ちば【千葉】

姓氏の一。中世の下総国の豪族。桓武平氏良文流。下総国千葉郡に住した。房総へ敗走した頼朝を助け、後に下総国守護となる。戦国時代、後北条氏に従ったが、豊臣氏に滅ぼされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千葉の関連キーワード香川群馬宮崎安房茨城岡山埼玉徳島栃木千葉[県]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千葉の関連情報