コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉 チバ

デジタル大辞泉の解説

ちば【千葉】[地名]

関東地方南東部の県。もとの安房(あわ)上総(かずさ)下総(しもうさ)の3国にあたる。人口621.7万(2010)。
千葉県中西部、東京湾に面する市。県庁所在地。中世は千葉氏の城下町として発展、近世宿場町。現在は住宅地・臨海工業地。加曽利(かそり)貝塚がある。平成4年(1992)政令指定都市。人口96.2万(2010)。
[補説]千葉市の6区
稲毛区中央区花見川区緑区美浜区若葉区

ちば【千葉】[姓氏]

姓氏の一。
古代末から中世にかけての関東の豪族。桓武平氏良文の支流。常胤(つねたね)が源頼朝に従って下総(しもうさ)守護となり、その嫡流は代々千葉介と称した。室町時代に勢力が衰え、のち、後北条氏に従ったが、豊臣秀吉小田原征伐により主家とともに滅亡。
[補説]「千葉」姓の人物
千葉亀雄(ちばかめお)
千葉茂(ちばしげる)
千葉治平(ちばじへい)
千葉周作(ちばしゅうさく)
ちばてつや

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちば【千葉】

関東地方南東部の県。かつての安房あわ・上総かずさ二国と下総しもうさ国の大部分を占める。房総半島の全域を占め、南部に房総丘陵、北部に下総台地、太平洋岸に九十九里平野が広がる。北の県境を利根川が流れる。県庁所在地、千葉市。
千葉県中部、東京湾に面する市。県庁所在地。指定都市。近世は宿場町。商工業・住宅地として発達。

ちば【千葉】

姓氏の一。中世の下総国の豪族。桓武平氏良文流。下総国千葉郡に住した。房総へ敗走した頼朝を助け、後に下総国守護となる。戦国時代、後北条氏に従ったが、豊臣氏に滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千葉の関連キーワード千葉医療センター附属千葉看護学校千葉県千葉市若葉区千城台北千葉県千葉市若葉区千城台東千葉県千葉市中央区千葉寺町千葉県千葉市緑区下大和田町千葉県千葉市若葉区千城台南千葉県千葉市若葉区千城台西千葉県千葉市中央区汐見丘町千葉県千葉市若葉区都賀の台千葉県千葉市中央区市場町千葉県千葉市中央区青葉町千葉県千葉市中央区新千葉千葉県千葉市若葉区下田町千葉県千葉市中央区新田町千葉県千葉市若葉区若松台千葉都市モノレール1号線千葉県千葉市若葉区若松町千葉県千葉市若葉区下泉町千葉県千葉市稲毛区六方町千葉県千葉市中央区神明町

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千葉の関連情報