コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上真改 イノウエシンカイ

4件 の用語解説(井上真改の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐しんかい〔ゐのうへ‐〕【井上真改】

[?~1682]江戸初期の刀工。日向(ひゅうが)の人。大坂で国貞の跡を継ぎ、2代目和泉守国貞を名のったが、のち井上真改と改めた。2代目津田助広と並ぶ大坂新刀の名工で、その作は大坂正宗と称された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上真改 いのうえ-しんかい

真改(しんかい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上真改

没年:天和2.11.9(1682.12.7)
生年:寛永8(1631)
江戸前期の大坂の刀工。京の堀川国広の弟子で大坂に移住した井上国貞の子,はじめ2代目として同銘を名乗った。万治4(1661)年朝廷から茎に菊紋をきることを許され,寛文12(1672)年,銘を井上真改と改めた。同時代の津田助広と並んで大坂新刀鍛冶を代表する名工で,小板目のつんだ精美な地鉄に,沸の深くついた大湾れの刃文を得意とし,見た目にも美しい華やかな作風を示しており,鎌倉時代の名工正宗に擬して「大坂正宗」と称賛された。<参考文献>中島新一郎・飯田一雄『井上真改大鑑』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのうえしんかい【井上真改】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上真改の関連キーワード国貞国広貞次津田助直包保(初代)国包(4代)国助(1)(初代)国助(2)(初代)滝川国広歳長(陸奥守系・初代)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上真改の関連情報