コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上真改 イノウエシンカイ

朝日日本歴史人物事典の解説

井上真改

没年:天和2.11.9(1682.12.7)
生年:寛永8(1631)
江戸前期の大坂の刀工。京の堀川国広の弟子で大坂に移住した井上国貞の子,はじめ2代目として同銘を名乗った。万治4(1661)年朝廷から茎に菊紋をきることを許され,寛文12(1672)年,銘を井上真改と改めた。同時代の津田助広と並んで大坂新刀鍛冶を代表する名工で,小板目のつんだ精美な地鉄に,沸の深くついた大湾れの刃文を得意とし,見た目にも美しい華やかな作風を示しており,鎌倉時代の名工正宗に擬して「大坂正宗」と称賛された。<参考文献>中島新一郎・飯田一雄『井上真改大鑑』

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

井上真改の関連キーワード津田助広(2代)長曾禰虎徹しんかいひゅうが虎徹貞則

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android