国貞(読み)クニサダ

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 初代。慶長~慶安(一五九六‐一六五二)ごろの刀工。日向の人。姓、藤原。法名、道和。和泉守と称する。京都の名工、国広の門に学び、のち大坂に移住。生没年未詳。
[二] 二代。初代の養子。明暦~寛文(一六五五‐七三)ごろの刀工。日向の人。姓、井上。号、真改。和泉守と称する。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国貞の言及

【歌川国貞】より

…1807年(文化4)ころ画壇に登場,時代の好尚を巧みにとらえ人気作家として活躍,歌川画法の完成者とみなされている。作画領域は錦絵,合巻等の挿絵,秘画本にまで及ぶが,ことに江戸末期特有の美意識を如実にあらわした美人画と,役者絵にひいで,〈役者絵の国貞〉の異名をとった。2代国貞は,弟子の国政が継いだ。…

※「国貞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android