しんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しんかい

1968年に川崎重工業で建造され,76年まで活躍した海上保安庁所属の潜水調査船。最大潜航深度は 600m。排水量 85t。船体の長さは 15.3m,幅 5.5m。4人乗組み。水中の最大速力は 3.5ノットで,水中常用速力は 1.5ノット。航続時間は 10時間。海中テレビ,潮流計測器など海洋測器類を備えていた。 81年には最大潜航深度 2000mのしんかい 2000が,また 89年には最大潜航深度 6500mのしんかい 6500が完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんかい

日本で開発された有人潜水調査船の名。
海上保安庁が保有していた有人潜水調査船。昭和44年(1969)完成。最大潜航深度600メートル、乗員4名。昭和52年(1977)まで日本近海の海洋調査に運用された。
日本の海洋科学技術センター(現海洋研究開発機構)が開発した有人潜水調査船。昭和56年(1981)完成のしんかい2000と、平成元年(1989)完成のしんかい6500がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんかいの関連情報