コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田助広 つだすけひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田助広
つだすけひろ

[生]寛永14(1637)
[没]天和2(1682).大坂
江戸時代初期の大坂新刀の名工。江戸の虎徹 (こてつ) と並び称される。通称,甚之丞。初代助広の養子。明暦3 (1657) 年越前守を受領。はなやかな濤瀾乱刃 (とうらんみだれば) の創始者。初め楷書銘,延宝2 (74) 年から草書銘に改め,前者を角津田,後者を丸津田と称する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つだ‐すけひろ【津田助広】

江戸前期の刀工
(初世)播磨(はりま)の人。通称、弥兵衛。世に「そぼろ助広」とよばれた。生没年未詳。
(2世)[1637~1682]摂津の人。通称、甚之丞。初世の養子。越前守と称し、井上真改と並ぶ名工。大坂新刀の第一人者で、濤瀾刃(とうらんば)とよばれる独特の刃文(はもん)を創始した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田助広
つだすけひろ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

津田助広の関連キーワード津田助広(2代)長曾禰虎徹水心子正秀津田助直正秀真改

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android