コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井深捨吉 いぶか すてきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井深捨吉 いぶか-すてきち

1875-1961 明治-昭和時代の技術者。
明治8年8月1日生まれ。鉄道院技手,岐阜県技師などをへて,大正13年岐阜県陶磁器試験場長となる。陶器原料の資源確保,上絵付け製品鉛毒問題の解決など,美濃(みの)焼の近代化につくした。昭和36年9月10日死去。86歳。岐阜県出身。岐阜師範卒。旧姓は石原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井深捨吉の関連キーワード昭和時代技術者明治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android