コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関次郎左衛門 いぜき じろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関次郎左衛門 いぜき-じろうざえもん

?-? 戦国時代の能面師。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。永禄(えいろく)元年(1558)に般若(はんにゃ)面をつくった井関親政と同一人か。井関親信(ちかのぶ)の跡をつぎ近江井関家2代となったとされてきたが,2代は井関宗信をついだ井関家久とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android