コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関親信 いぜき ちかのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関親信 いぜき-ちかのぶ

?-? 戦国時代の能面師。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。三光坊に師事し,面打ち近江井関家をおこす。高知土佐神社に享禄(きょうろく)元年(1528)作の尉(じょう)面が現存する。なお,近江井関の創始者は井関宗信(むねのぶ)とする説があり,親信は宗信の別名とする見方もある。通称は上総介(かずさのすけ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の井関親信の言及

【近江井関家】より

…近世世襲能面作家の家系。三光坊の弟子上総介親信が開いた一派で,はじめ江州坂田北郡(現,滋賀県長浜市)に住し,井関を名のった。高知土佐神社の尉面は享禄1年(1528)の親信の作銘がある。2代次郎左衛門,3代備中掾あたりの作品には,面裏に〈イセキ〉の刻銘があるので,この派は〈片仮名井関〉とも称された。4代河内家重(1645没)は江戸に出て活躍し,将軍家をはじめ諸大名に重用され,天下一を称した名工で,〈河内彩色〉といわれるほど彩色に独特のものがあった。…

※「井関親信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

井関親信の関連キーワード井関次郎左衛門上総介親信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android