コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関宗信 いぜき むねのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関宗信 いぜき-むねのぶ

?-1573 戦国-織豊時代の能面師。
三田村国定の5男。近江(おうみ)(滋賀県)小谷(おだに)城の浅井長政に属し,織田信長の小谷城攻めで兄たちとともに討ち死にした。江戸時代の能面製作家系のひとつ近江井関家の初代(井関親信と同一人とする説がある)といわれる。天正(てんしょう)元年8月死去。近江出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井関宗信の関連キーワード井関次郎左衛門織豊時代井関家久

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android