コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関家久 いぜき いえひさ

1件 の用語解説(井関家久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関家久 いぜき-いえひさ

1557-1627* 織豊-江戸時代前期の能面師。
弘治(こうじ)3年生まれ。三田村国定の7男。井関宗信の弟。浅井長政の縁戚にあたり,天正(てんしょう)元年織田信長の浅井攻めにより,父と6人の兄を小谷城でうしない,面打ちとなる。井関次郎左衛門の跡をついで近江(おうみ)井関家3代となったとされてきたが,初代の井関宗信(むねのぶ)につづく2代とする説もある。寛永3年12月9日死去。70歳。近江(滋賀県)出身。通称は十兵衛,備中掾。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井関家久の関連キーワード大内義長正親町天皇波多野秀治ベルナルド後奈良天皇葛山城正親町天皇内藤ジュリアヌイツ松下重綱

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone