コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関家久 いぜき いえひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関家久 いぜき-いえひさ

1557-1627* 織豊-江戸時代前期の能面師。
弘治(こうじ)3年生まれ。三田村国定の7男。井関宗信の弟。浅井長政の縁戚にあたり,天正(てんしょう)元年織田信長の浅井攻めにより,父と6人の兄を小谷城でうしない,面打ちとなる。井関次郎左衛門の跡をついで近江(おうみ)井関家3代となったとされてきたが,初代の井関宗信(むねのぶ)につづく2代とする説もある。寛永3年12月9日死去。70歳。近江(滋賀県)出身。通称は十兵衛,備中掾。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井関家久の関連キーワード井関備中掾井関家重

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android