亢龍の悔い有り(読み)こうりょうのくいあり

精選版 日本国語大辞典の解説

こうりょう【亢龍】 の 悔(く)い有(あ)

(いったん昇りつめてしまった龍はあとは残念ながら下るよりほかはないという意から) 富貴、栄華をきわめ尽くした者は必ず衰えることがある。〔徒然草(1331頃)〕
※太平記(14C後)四「此の君亢龍(カウりょう)の悔(クヮイ)有りと雖、二度帝位を践(ふ)ませ給ふべき御相有り」 〔易経‐乾卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android