コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄華/栄花 エイガ

デジタル大辞泉の解説

えい‐が〔‐グワ〕【栄華/栄花】

権力や財力によって世に時めき、栄えること。また、ぜいたくをすること。「―を極める」「栄耀―」
清華家(せいがけ)」に同じ。
「兼雅卿は―の人なり」〈平家・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄華/栄花の関連キーワードリスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔ジュスティーヌあるいは美徳の不幸レボードプロバンス貧乏人の系図話栄耀の隠し食い金々先生栄花夢『平家物語』槿花一日の栄亢竜悔いあり満つれば虧く花実が咲くダモクレス南柯の夢藤原秀衡老い入れ住吉物語世継の翁歴史物語藤原基衡在そがり

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android