栄華(読み)エイガ

デジタル大辞泉「栄華」の解説

えい‐が〔‐グワ〕【栄華/栄花】

権力や財力によって世に時めき、えること。また、ぜいたくをすること。「―を極める」「栄耀―」
清華家せいがけ」に同じ。
「兼雅卿は―の人なり」〈平家・二〉
[類語]繁栄繁盛にぎわう富む栄える全盛最盛興隆隆盛にぎわすにぎやかはやる盛る盛栄栄耀栄華共存共栄隆昌新興末広末広がり殷賑いんしん活況盛況盛会盛大繁華花が咲く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「栄華」の解説

【栄華】えいか(くわ)・えいが(ぐわ)

草木の花。花咲く。さかえ時めく。〔淮南子、説林訓〕榮は、必ず憔悴り。

字通「栄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android