コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交う カウ

デジタル大辞泉の解説

か・う〔かふ〕【交う】

[動ワ五(ハ四)](動詞の連用形に付いて)互いに…する、…して擦れ違う、の意を表す。「呼び―・う」「行き―・う」
[動ハ下二]入れ違いにする。さしかわす。
「天の川夜舟を漕ぎて明けぬとも逢はむと思ふ夜袖―・へずあらむ」〈・二〇二〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かう【交う】

( 動五[四] )
(動詞の連用形に付いて)擦れ違うように…する。まじるように…する。互いに…し合う。 「行き-・う」 「飛び-・う」 「夏と秋と行き-・ふ空の通ひぢは/古今
( 動下二 )
かわす。さしかわす。 「袖-・へし君玉垂の越智野おちの過ぎ行く/万葉集 195

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

交うの関連情報