交ぜ書き/混ぜ書き(読み)マゼガキ

デジタル大辞泉の解説

まぜ‐がき【交ぜ書き/混ぜ書き】

[名](スル)もともとは漢字で書いていた熟語の一部を仮名で書くこと。「憂鬱」を「憂うつ」、「混沌」を「混とん」と書く類。
[補説]昭和21年(1946)制定の当用漢字表で、使える漢字を制限したための処置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まぜがき【交ぜ書き】

( 名 ) スル
漢字で書ける熟語を、漢字と仮名を混ぜて書くこと。「醬油」を「しょう油」、「憂鬱」を「憂うつ」と書くなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android