交会法(読み)こうかいほう(英語表記)methods of intersection and resection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交会法
こうかいほう
methods of intersection and resection

2点または3点以上の既知点から未知点へ方向線を引き,その交点として未知点 (求点) の位置を1点ずつ決める測量の方法。三角測量では方向線の間の夾角を測定して,新点の位置を計算する。平板測量では平板上に方向線を作図して,それらの交点を図解的に求める。交会法によってできた三角形は,正三角形に近いほど,また方向線の数が多いほど精度はよい。交会法は,(1) 2つの既知点から方向線で求点の位置を求める前方交会法,(2) 求点から2個の既知点の夾角とその1つから未知点への方向線を定めて求点の位置を求める側方交会法,(3) 3個の既知点に対し求点からの方向線の夾角をはかって点の位置を求める後方交会法の3つに分けられる。後方交会法は三点法とも呼ばれ,既知点と求点が同一円周上にあるときは,求点の位置は不定となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android