コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交点 こうてんnode

翻訳|node

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交点
こうてん
node

惑星の軌道が黄道を横切る天球上の点。南から北へ横切る点を昇交点,逆の場合を降交点という。この交点は常に一定ではなく,たとえば白道の交点は約 19年で黄道上を逆行1周する。日食月食は,月が交点の近くにきたときにのみ起る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐てん〔カウ‐〕【交点】

数学で、二つの線の交わる点。また、線と面の交わる点。
天球上で、惑星・彗星(すいせい)・月などの軌道が黄道と交わる点。天体が黄道を南から北へ通過する点を昇交点、北から南へ通過する点を降交点という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうてん【交点】

〘数〙 線と線、あるいは線と面とが交わる点。
〘天〙 惑星・彗星・月などの軌道面が中心天体のある基準面(一般に黄道面)と交わる二つの点。一般には天球上で、黄道と惑星などの軌道が交わる二つの点。 → 昇交点降交点

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

交点の関連キーワードファインマン則パスカルの定理交点(天文)月(時間)交差方位自由曲面軌道要素格子点秋分点球面角春分点分流点交点月目外し扠首束鬼斗五心極線内心傍心

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

交点の関連情報