コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引き ヒキ

デジタル大辞泉の解説

ひき【引き】

[名]
引っ張ること。また、その力。「魚の引きが強い」
特別に目をかけて便宜をはかること。引き立て。「上役の引きで出世する」
手づる。つて。縁故。「就職するにも引きがない」
引く力に対して耐える力。紙などの腰があること。「引きのある紙」
写真撮影で、カメラを後ろへ移す空間的なゆとり。「引きのない場所」
率いること。導き。
「大君の―のまにまに」〈・一〇四七〉
江戸時代、田畑の租税を減免すること。
引き出物」の略。
「これの内のやつらにも、何かなしに三百づつお―をやる合点ぢゃ」〈浄・万年草
(「びき」の形で)接尾語的に用いて、値引き・値下げの意を表す。「三割引き
[接頭]動詞に付いて、その動詞の示す動作・作用を強める意を表し、また、語調を強めるのに用いる。「引きしめる」「引きまわす」
[補説]音便で、「ひっ」「ひん」ともなる。「ひっくくる」「ひんまげる」など。

びき【引き】

ひ(引)き9」に同じ。「二割引き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひき【引き】

[0][2] ( 名 )
引くこと。また、その力。また、引く力に耐える強さ。 「 -のある和紙」
特別に目をかけて力添えすること。引き立て。 「社長の-で昇進する」
頼りにできる特別の関係。つて。縁故。 「友人の-で就職する」
魚釣りで、魚が餌えさをくわえて引くこと。また、その力。 「 -が強い」
写真撮影で、カメラを後ろへ下げて撮影すること。あるいは下げる余地。 「 -がない」 → ズーム-バック
観測点における地震波の P 波初動の方向が、震源の方に向くこと。
江戸時代、検地の誤りや、風水害などで減収となった際に田租を減免すること。
率いること。手引き。案内。 「ますらをの-のまにまに/万葉集 4220
「引き出物」の略。 「三百づつお-をやる合点ぢや/浄瑠璃・万年草
( 接頭 )
動詞に付いて、その意味や語調を強めるのに用いられる。「ひっ」「ひん」となることも多い。 「 -止める」 「 -合わせる」 → ひっひん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

引きの関連キーワード地引き網・地曳き網・地引網マッキントッシュ石引き・石曳き底びき網漁業子の日の遊び引き縄・引縄フルーツ引籠船・篭船タグボート地曳き祭宝引き縄地引き網転めかす宝引き銭三角アメ綻ばかす江戸時代手繰り網辻宝引き空引き

引きの関連情報