引き(読み)ヒキ

デジタル大辞泉の解説

ひき【引き】

[名]
引っ張ること。また、その力。「魚の引きが強い」
特別に目をかけて便宜をはかること。引き立て。「上役の引きで出世する」
手づる。つて。縁故。「就職するにも引きがない」
引く力に対して耐える力。紙などの腰があること。「引きのある紙」
写真撮影で、カメラを後ろへ下げて撮影すること。または、後ろへ下げる空間的なゆとり。「引きで撮る」「引きの写真」「引きのない場所」
俗に、賭け事・勝負事やくじの運。「引きがいい」「引きの強い人」
率いること。導き。
「大君の―のまにまに」〈・一〇四七〉
江戸時代、田畑の租税を減免すること。
引き出物」の略。
「これの内のやつらにも、何かなしに三百づつお―をやる合点ぢゃ」〈浄・万年草
10 (「びき」の形で)接尾語的に用いて、値引き・値下げの意を表す。「三割引き
[接頭]動詞に付いて、その動詞の示す動作・作用を強める意を表し、また、語調を強めるのに用いる。「引きしめる」「引きまわす」
[補説]音便で、「ひっ」「ひん」ともなる。「ひっくくる」「ひんまげる」など。

びき【引き】

ひ(引)き9」に同じ。「二割引き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひき【引き】

[0][2] ( 名 )
引くこと。また、その力。また、引く力に耐える強さ。 「 -のある和紙」
特別に目をかけて力添えすること。引き立て。 「社長の-で昇進する」
頼りにできる特別の関係。つて。縁故。 「友人の-で就職する」
魚釣りで、魚が餌えさをくわえて引くこと。また、その力。 「 -が強い」
写真撮影で、カメラを後ろへ下げて撮影すること。あるいは下げる余地。 「 -がない」 → ズーム-バック
観測点における地震波の P 波初動の方向が、震源の方に向くこと。
江戸時代、検地の誤りや、風水害などで減収となった際に田租を減免すること。
率いること。手引き。案内。 「ますらをの-のまにまに/万葉集 4220
「引き出物」の略。 「三百づつお-をやる合点ぢや/浄瑠璃・万年草
( 接頭 )
動詞に付いて、その意味や語調を強めるのに用いられる。「ひっ」「ひん」となることも多い。 「 -止める」 「 -合わせる」 → ひっひん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引きの関連情報