コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交連切開術 こうれんせっかいじゅつ commissurotomy

1件 の用語解説(交連切開術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交連切開術
こうれんせっかいじゅつ
commissurotomy

心臓弁の癒合部を切開する手術であるが,通常,僧帽弁狭窄症に対して行うものをさす。僧帽弁交連切開術には,以前は人工心肺を用いず,盲目的に心房内に指を入れて開大する非直視下切開術,あるいは心尖部から拡張器を心室内に挿入する切開術が行われていたが,現在では,人工心肺を用いて体外循環,心停止下に左心房を開き,僧帽弁を直接見ながら癒合部の狭窄を切開する直視下交連切開術が行われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交連切開術の関連キーワード開頭術手術気管切開心臓弁膜開腹術機械弁生体弁バチスタ手術CHS法造袋術と嚢腫摘出術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone