交連切開術(読み)こうれんせっかいじゅつ(英語表記)commissurotomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交連切開術
こうれんせっかいじゅつ
commissurotomy

心臓弁の癒合部を切する手術であるが,通常僧帽弁狭窄症に対して行うものをさす。僧帽弁交連切開術には,以前は人工心肺を用いず,盲目的に心房内にを入れて開大する非直視下切開術,あるいは心尖部から拡張器を心室内に挿入する切開術が行われていたが,現在では,人工心肺を用いて体外循環,心停止下に左心房を開き,僧帽弁を直接見ながら癒合部の狭窄を切開する直視下交連切開術が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android