コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交響的練習曲

デジタル大辞泉プラスの解説

交響的練習曲

ドイツの作曲家ロベルト・シューマンのピアノ曲(1834-37)。原題《Études symphoniques》。主題と12の変奏からなる。オーケストラを思わせる豊かな響きを持つ傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

こうきょうてきれんしゅうきょく〔カウキヤウテキレンシフキヨク〕【交響的練習曲】

《原題、〈フランス〉Études symphoniquesシューマンのピアノ曲。1834年から1837年にかけて作曲。主題と12の変奏からなり、初版では未発表だった5曲を補遺として加える場合がある。オーケストラを思わせる豊かな響きを持つ。シューマンの代表作の一。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

交響的練習曲の関連キーワードシューマン(Robert (Alexander) Schumann、作曲家)キーシン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android