コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京白粉 キョウオシロイ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐おしろい〔キヤウ‐〕【京白粉】

近世、京都で作られた上等なおしろい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうおしろい【京白粉】

京都で作られたおしろい。上等品とされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の京白粉の言及

【白粉】より

…さらに伊勢の御師が全国の檀家まわりをしながら,土産物として伊勢暦などとともに配ったので,伊勢白粉は有名になった。江戸時代の白粉には,伊勢白粉,御所白粉とよばれた軽粉と,京白粉,生白粉,パッチリなどとよばれた鉛白の2種類があり,さらに生白粉は粒度の違いによって舞台香(中粒度),唐の土(粗粒度)にわかれていた(《都風俗化粧伝》1813)。また,他の白色顔料を混ぜて匂いをつけた調合白粉とよばれるものもあった。…

※「京白粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

京白粉の関連キーワード近世白粉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android