重頼(読み)しげより

日本大百科全書(ニッポニカ)「重頼」の解説

重頼
しげより
(1602―1680)

江戸前期の俳人松江氏。俗称大文字屋治右衛門。別号維舟(いしゅう)ほか。貞門(ていもん)七俳仙の一人。京都の撰糸(せんじ)(絹織物の一種)売(うり)を業とする富裕な町人であったという。少年のころ昌琢(しょうたく)に連歌を学び、宗因(そういん)(後の談林(だんりん)派の総帥)と相知る。20歳のころから貞(ていとく)を中心とする人々と俳席を重ね、1633年(寛永10)には近世最初の俳諧撰集(はいかいせんしゅう)『犬子集(えのこしゅう)』を刊行。このとき、共編者親重(ちかしげ)と衝突、貞徳の門を去って独立した。以後、俚諺(りげん)収集書としても著名な作法書『毛吹草(けふきぐさ)』や、芭蕉(ばしょう)が宗房(そうぼう)の号で初めて登場する『佐夜中山(さよのなかやま)集』ほか多くの編著を刊行した。作風は和歌、物語、謡曲など古典のパロディーを好み、ほかに俳諧用語の整備と拡充を図り、俳諧の普及と革新に功があった。生涯を論争に送ったが、鬼貫(おにつら)、言水(ごんすい)らの優れた門人を輩出、延宝(えんぽう)8年6月29日没。享年79。

[加藤定彦]

 順礼の棒ばかり行く夏野かな

『中村俊定著『俳諧史の諸問題』(1970・笠間書院)』『「俳諧論戦史」「維舟と立圃との確執」(『潁原退蔵著作集4』所収・1980・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「重頼」の解説

重頼【しげより】

江戸前期の俳人。は松江。別号,維舟,江翁通称,大文字屋治右衛門。京の富裕な選糸商で,昌琢に連歌を学び,貞徳に俳諧の指導を受け,宗因と交流を持った。貞門風の句作りを基盤にしながら〈心の俳諧〉〈連歌立の俳諧〉を主張,また,謡曲などの新しい素材を俳諧に導入する傾向があった。1633年に近世俳諧の出発点というべき撰集《犬子集(えのこしゅう)》を単独で出版,他に《毛吹草(けふきぐさ)》《懐子(ふところご)》などの編著がある。
→関連項目鬼貫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「重頼」の解説

しげより【重頼】

1602‐80(慶長7‐延宝8)
江戸前期の俳人。姓は松江,通称は治右衛門,別号は維舟,江翁。出雲国松江の生れと伝えられるが,早くから京都に住し,撰糸(せんじ)売を営んで大文字屋を号した。貞門七俳仙に加えられるが,本来は里村南家の2代昌琢(しようたく)に連歌と俳諧を学び,北家出身の貞徳とは文学的にも感情的にもむしろ対立的関係にあり,俳諧最初の類題句集《犬子(えのこ)集》(1633)の編集をめぐって,共編者である北家出身の立圃(りゆうほ)と意見が衝突,を分かったのをきっかけに,貞徳との不和も表面化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android